【使用機材を大公開シリーズ】キーボードで迷っているならテンキーレスキーボード!使用感が最高過ぎたのでご紹介(第1弾)

どうも、としです!

 

今回は、

これから動画編集やゲームなどに使用する

キーボードを買おうか迷っている人や

買い換えようかと迷っている人向けに、

 

 

私が使用しているキーボードを

ご紹介したいと思います。

 

 

今やキーボードも色々な種類があり

どれを買っていいかわからず悩んでいる人は

少なくないはずです。

 

 

実際、手元にようやく届いて

ワクワクしながら急いで開封をして

触ってみたら思っていたのとまったく違う。

 

 

レビューに書いてあった事とは全く

違う使用感だったなんてこともあります。

 

 

キーボードもそれなりに良い値段するので

思っていたのと違うからすぐ買い換えることも

なかなかできません。

 

 

私は形から入るタイプなので

思っていたのと違うものが手に入ったら

せっかくやる気を出して買ったのに

一気にやる気がなくなります。

 

 

やる気がなくなると、

キーボードがホコリを被って操作性も悪くなり

本格的に使用できなくなる可能性も...

 

 

なので失敗してほしくないです。

 

 

最初からいいものを使って、

クリエイティブな気持ちをもっと

高めていきましょう。

 

 

ゲームなら、最高のパフォーマンスに

繋がりますから今後のプレイが

キーボード一つで劇的に変わるはずです。

 

 

というわけで、早速ですが今回の

私が使用して使用感最高だと感じている

キーボードご紹介したいと思います。

 

 

私が使っているキーボードはコレ

 

私が使用しているキーボードは

ゲーミングキーボードの

SteelSeries製【Apex Pro TKL】

になります!

 

 

見た目もかっこいいんですが

なんといっても機能性が優れているんです。

 

 

そこで今回のピックアップポイントはこちら!

・【Apex Pro TKL】について
・【Apex Pro TKL】の特徴
・使用感のメリット&デメリット

 

それぞれのピックアップポイントを

説明していきたいと思います。

 

Apex Pro TKLについて

 

【】とは、SteelSeriesから

2019年12月18日に発売された

テンキーレスのゲーミングキーボードです。

 

 

他社製のゲーミングキーボードを

含めても最高の性能を誇り、

高価格帯の製品ながらも

購入者はかなり多いです。

 

 

実際、わたしも購入しようとしたら

人気過ぎてすぐには買えませんでした。

 

 

現在は人気も落ち着いてきて

前よりは買いやすくなっています。

 

【Apex Pro TKL】の特徴

 

最大の特徴がSteelSeries

オリジナルキースイッチ

「OmniPointスイッチ」を採用。

このスイッチが何かというと、

 

 

一般的なスイッチは

「キーを押し込んだ時に反応する深さ」

固定されています。

 

 

なんと、こちらの製品では専用ソフトの

操作でアクチュエーションポイントを

0.4㎜から3.6㎜の間で変更する事ができます。

 

 

※キーを押し込んだ時の反応する深さを
アクチュエーションポイントと言います

 

 

なので、他社製のゲーミングキーボードと

比べても応答速度が

かなり早くなっています。

 

 

さらに、専用ソフトを使用しあらかじめ設定して

おくことで使用ソフトに合わせて

設定を切り替えるようにできてとても便利です。

 

 

ゲーミングキーボードの良さの一つとして

使用ソフトに合わせてキーの配置を

自由に決められるというところです。

 

 

これはゲームだけではなく、動画編集をする

時にも役に立つ機能なんですよね。

 

 

複数のキーを同時押しするような

コマンドも押しやすい位置に設定するなど

出来るので作業効率は爆上がりです。

 

 

なにより先ほども言いましたが

ソフトごとに切り替える事が可能ですので、

 

 

アクチュエーションポイントをゲーム時は、

浅めに設定して応対速度を高めておいて

ブログや動画編集のような押し間違えを

防ぐ際は深めに設定など使い分けられます。

 

 

 実際に使用してみて感じたメリット

OmniPointoスイッチがすごい!!

 

やはりOmniPointoスイッチが本当に便利。

 

 

今回のでキーボードは3代目になるんですが、

他社製のゲーミングキーボードが採用している

往来のスピード軸よりも更に

応対速度を早く設定できて、

 

 

しかも文字入力をする場面では自動的に切り

替えられる(専用ソフトでの設定が必要)のが

本当に便利です。

 

 

なので、文字入力時の誤入力も少ないと思います。

 

 

テンキーがないのは今回初めて使用したがかなり快適だった

 

「テンキーが無いとキーボードは不便でしょ」

思っていたいたんですが、

 

 

今回気になっていた「Apex Pro TKL」

思い切って購入して使用してみたら

「テンキーなくてもいい。むしろ快適!!」

思いました。

 

 

そもそも、ゲーム用途ではテンキー付き

キーボードよりもテンキーレスキーボードの方が

はるかに快適なんですね!

f:id:x-tosshi-x:20200404175450j:plain

 

 

理由として上の写真を見てもらえると分かる通り

約10㎝ほどスペースが節約できるため

より自然な態勢で作業が出来ますし

その分デスクを広く使うこともできます。

 

 

使い始めはテンキーを使いたくなりましたが

現在は慣れてしまった為全く問題ありません。

 

 

使い続けていくと慣れてきますし

むしろこちらの方がしっくり来て

作業が効率的に進んでいます。

 

 

 実際に使用して感じたデメリット

 

正直、このキーボードを使用感に

かんしては不満は見つかりませんでした。

 

1つあげるとするなら、

やはりテンキーレスキーボードで

2万円代後半は購入する際は

かなり勇気がいるかと思います。

 

 

ただ、今後の作業効率などを考えると

安いのを買って、また買い換える事に

なるよりなら最初からこちらにした方が

断然良いと思います。

 

 最後に

 

 

初めてテンキーレスタイプの

ゲーミングキーボードを

使用しましたが本当に素晴らしいの一言。

 

控えめに言って最強のキーボードだと

私は思っています。

 

 

本当にいいキーボードが欲しい方または

どれにすればいいか迷っているなら

SteelSeries【Apex Pro TKL】

おすすめします。

 

もし、周辺機器などで聞きたいことなどが

あればお気軽に聞いてください!

 

 

こちらの方も登録して仲良くしていただければ

👇うれしいです👇
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました